Penfolds のワイン ”BIN150 Marananga Shiraz 2011” を飲んだよ!

Penfolds Magill Estate

オーストラリアは南オーストラリア州 Barossa Valley(バロッサバレー)で老舗ワイナリー Penfolds の BIN150 Marananga Shiraz 2011 です。

100ドル以下で買えるワインとしては充分にBarossa(バロッサ) のPremium Shiraz の一つです。

日本でもちょっとワインに詳しい人なら絶対知ってる有名どころPenfoldsですが、この Bin 150 は日本へは未出荷です。もしバロッサに来る機会があれば、Shiraz の重い赤ワインで日本で買えない Penfolds みたいな、、お土産にどうぞww

さて、こちらの Bin150ですが、造りは至って真面目。最上級のShiraz(シラーズ)が育つ条件が全て揃っている Marananga(マラナンガ) の畑で取れた Shiraz(シラーズ)のみを使用。通常、マルチリージョンが信条の Penfolds の中で単一畑のものです。

樽は新(18%)旧(18%)のフレンチオーク、新(25%)旧(39%)のアメリカンオークで16ヶ月の樽熟成です。

抜栓後はスパイスがカッチリきます。コーヒー、モカ、チョコレート、アメリカンオーク由来の甘い香り、味わいはセーバリーでミーティーな感じがビシビシきます。果実味はブラックベリー、ラズベリー、アメリカンオークの使用率が高いのですが、フレンチオークから起因する骨格がしっかりタンニンと酸味も感じられます。 100ドル前後だと他のプレミアムシラーズやグルナッシュも悩むところですが、これはコレで良いものでしたよ。

Penfolds Barossa のセラードア訪問記はこちら!

バロッサバレーのワイナリー”Penfolds”のセラードアを訪問しました!
オーストラリアは南オーストラリア州 Barossa Valley(バロッサ・バレー)のワイナリー Penfoldsのセラードアを訪問しました。ワインのテイスティング、試飲とワイナリー、セラードアの様子をご紹介します!

Penfolds Magill Estate のセラードア訪問記はこちら!

マギルにあるワイナリー ” Penfolds Magill Estate ”のセラードアを訪問しました!
オーストラリアは南オーストラリア州 Magill(マギル)にあるワイナリー Penfolds Magill Estate(ペンフォールズ・マギル・エステート)のセラードアを訪問しました。ワインのテイスティング・試飲とワイナリー・セラードアの様子をご紹介します!
Country Australia
State SA
Region Barossa Valley
Alcohol 14.5%
Closure Screw Cap

コメント

タイトルとURLをコピーしました